ウェブサイト移転

サイト売買において、サーバー移転の代行を依頼する際の注意点やリスク

iten-chuiten

サイト売買をしようと思った時に、意外に大きなハードルとなるのが『サーバー移転』です。

今サイト売買をやっている方のほとんどは、アフィリエイターやネットショップのオーナー、スモールビジネスのオーナーなどです。元々Web制作関係の方々ではありません。

そのため、HTMLやCSS程度であれば触れるという方はいても、PHPやデータベース(Mysql)を扱える、果てはサーバーをいじるとなると、自信を持って担当できる方は一気に減る印象です。

また、「サイト売買は何度か経験があり、サイトの引越しも出来ます」と謳う方でも、フタを開けてみると作業の仕方が雑であったり、リスクの高い方法で進めている可能性もあります。

そこで今日は、サイト売買後のサーバー移転に関して、最低限チェックしておきたい注意点やリスクについてお話してみようと思います。これからサイト売買に取り組まれる方や、今後検討されている方は、是非チェックしておいてください。

秘密情報を守る

サーバーの移転には、以下のような情報が必要です。

  • ドメイン業者のログイン情報
  • サーバー業者のログイン情報
  • サイトの管理画面へのログイン情報(Wordpressなど)

これらの情報は秘密情報、つまり当事者以外は知ってはいけない最重要な情報となります。これら情報や外に漏れた場合には、コンテンツをコピーされるのはおろか、サイトを乗っ取られてしまったり、権利まで奪われてしまうリスクがあります。

それほど大事な情報を、あなたはどのように守っているでしょうか?

その方法の1つに、NDA(秘密保持契約)があります。この契約書は、その取引で知り得た情報を外部に漏らさないと約束をするものです。この契約書を事前に作成しておくことで、万が一に外部に情報を漏らされた場合の対処賠償責任などを担保しておくことが可能になります。

データを守る

先にお伝えしたようなログイン情報など、管理における情報を守ることが出来たら、次にチェックしておきたいのが、サイトデータのバックアップです。

  • 作業進行にあたりバックアップは取ってくれるのか
  • バックアップは何重に保存するのか(PC+HDDへも保存.etc)
  • 保存したバックアップはいつまで保持しててくれるのか

などなど、バックアップの対応範囲を明確にしておくべきです。そうしないと、いざデータが消失した際にサイトが復旧出来なくなってしまいます。

移行期間を決める

サイト売買後のサーバー移転においては、「どれぐらいの期間でサイトを引越しできるのか」も重要なチェックポイントです。早く移転すればするほど売上が立つので、収益を得ることができます。逆に言えば、サーバーの移転が遅れるほど、お金を得る機会を損失するとも言えます。

また、移転の際に不具合が起きて遅延するケースなどでは、サイトの表示がうまくいかない事が原因でSEO評価が下がり、検索順位が下落してしまう危険性もはらんでいます。

そのため、ただガムシャラに早ければ良いというわけではなく、無理のない現実的な移行スケジュールで進めることが大事です。サーバー移転の要領や方法を熟知している方であれば、およそかかる時間は予測ができます。

ですので、「どれぐらいの期間で作業が完了しますか?」という問いかけに対し、「およそ2日間、遅くとも3日以内には完了できます。」など、具体的な返事をもらえるかどうか確認しておきましょう。

まとめ

本日はサイト売買における、サーバー移転代行の依頼をする際の注意点をお話させていただきました。いかがでしたでしょうか?

サーバー移転業界は、作業の進め方も相場観もいまだバラバラです。クラウドソーシングなどを見るとかなり安くやっている方もいるのですが、契約書やバックアップなど、肝心な重要ポイントが抜け落ちている方も多く見受けられます。

サイトは長期的にお金を生み出してくれる資産ですから、安全・安心して任せたいものですよね。その点、弊社で運営しているサイト引越し屋さんというサービスでは、本日お伝えした注意点やリスクを全てカバーできる形で展開しています。

サイト売買が決まったはいいが、サーバーを移転できる者がいない
移転費用を少し出してでも、確実にサイトの引越しがしたい
そんな悩みを抱えている方は、是非一度ご覧になってみてください。

■日本初!Wordpress専門のサイト引越し(サーバー移転)代行サービス
>>サイト引越し屋さんはこちらです。