SNSを使ってSEO評価を高める方法

SNSを自社のビジネスに活かしたい。
個人から中小企業、大企業に至るまで、今の時代はSNSの活用がビジネス発展のカギを握っていると言っても過言ではありません。

ただし、SNSを活用するとひと言でいっても、認知度アップのために使うのか、自社サイトへの集客に使うのか、SEOのために使うのか、用途は様々です。

本記事では、SNSを使ってSEOを高める方法と、その結果、自社サイトへの集客もアップするというお話をしたいと思います。

まずは主要SNSを一通り試してみる

SNSを活用してSEOを高めるためにまずしなければいけない事は、SNSによる集客データを集めることです。

世の中にSNSと呼ばれるサービスはたくさんありますが、それぞれのサービス毎にユーザーの属性や、自社サービスとの親和性が異なります。そのため、まずは主要どころのSNSを使ってみて、データを集めることが重要です。

ちなみに、試しておきたい主要なSNSは以下です。

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube

やり始めは慣れないことも多く大変な時期かと思いますが、ここでデータを集めておけば後々でラクになります。
ここが踏ん張りどころです。

注力するSNSを決める基準は「ユーザー行動」の質

主要どころのSNSを試したら、次は力を入れるSNSを決めることです。

資本も人材もふんだんにある大企業を除いて、自社のリソースは限られています。いつまでも各SNSにリソースを分散するわけにはいきません。効果の高いと思われるSNSには特に注力することで、最短にして最大の成果を得られます。

では、どのSNSに力を注ぐかの基準について。ユーザー行動データを見ましょう。

ユーザー行動データとは、「ユーザーがあなたのWebサイトに訪れてからどんな行動をしているかの数値データ」です。
Googleアナリティクスであれば、「集客」>「すべてのトラフィック」>「参照元 / メディア」から、各SNSからの流入ユーザーにおける行動データを確認できます。

その行動データにおいて、「直帰率」「ページ / セッション」「滞在時間」などに着目し、最も質の高い行動データになっているSNSが、今あなたが注力すべきSNSということになります。

Webサイト内のユーザー行動データの質を上げることでSEO評価を高める

では、なぜユーザー行動データの質が良いSNSに注力する必要があるのか。

たんに、「行動データが優れている=あなたのサイトに興味が高いユーザーが集まっている」という意味もありますが、それ以上にSEOにおいて大きな効果があります。

それは、「サイトに集まったユーザーの行動データが優れているほど、SEOにおいても評価が高くなる点」です。

これは逆にいうと、SNSを活用してたくさんアクセスを集めたとしても、ユーザー行動データの質が悪いと、SEOにおいて不利に働く可能性もあるということを意味しています。

SNS流入⇒SEO向上⇒SNSフォロワー増加の好循環ループを目指す

そのため、SNSを使ってWebサイトのSEOを高めたいのであれば、ユーザー行動データの質が良いSNSからWebサイトへの流入を増やし、サイト内全体のユーザー行動データの質を高めること。

その結果、SEOによるアクセスが増加し、そのアクセスをさらにSNSのフォロワー増加に繋げ、SNS上での拡散力も高めていく。

このループに持ち込むことでSNSによるSEO向上への効果が見込めます。

以上、SNSを使ってSEO評価を高める方法でした。
ぜひ実践していただき、あなたのビジネスが発展できれば幸いです。

     

この記事を書いた人