Webサイトの権威性を高める方法

Googleの検索エンジンでは、YMYL(Your Money or Your Life)のジャンルにおいて大きな順位変動が起きており、健康、医療、投資などのサイトを運営される方のなかには、頭を悩ませている方も多いことかと思います。

小さな個人でも下克上が出来るのがSEOの大きな魅力であったのに対し、ここ最近では行政機関や病院、大手企業など、権威性のあるサイトが有利に働いているようにも見えます。

そんななか、個人や中小企業がSEOにおいて集客をしていくには、どのような施策が必要になるのでしょうか?その答えの1つが権威性を高める施策です。

この記事では、努力次第で個人や中小企業でも実現可能な、Webサイトの権威性を高める方法についてお話します。

権威性を高める方法① 他人の権威を借りる

まず最初にご紹介するのは、他人の権威を借りるという方法です。
権威という概念は、人から人に移転するため、借りることが出来ます。

例えば、あなたの運営するサイトであったり、コンテンツの権威性を高めるために、そのジャンルにおける専門家や著名人に監修をお願いするのも1つの手です。サイト上で専門家が監修していることをアピールすれば、あなたのサイトにも権威性が生まれます。

実は、この権威性を借りる手法はいまに始まった施策ではなく、昔から至るところにありました。

例えば、企業のホームページにはお客様の声や取引先企業を載せていたりします。そうすることで相手先との繋がりが権威に繋がるとも取れます。他には、書籍を買うと表紙のカバーに〇〇さん推薦!など書かれていたりもしますよね。あれも権威を借りているとも見れます。

そのため、仮に自分にはまだ権威性がなかったとしても、諦める必要はありません。自分にないのなら、既に権威性がある人の力を借りることで、あなたにも権威性を生むことは可能です。

権威性を高める方法② 自社サイトに権威性を付ける

もう1つの方法としては、自力で自社サイトに権威性を付ける方法です。
アフィリエイトサイトではなかなか難しいかもしれませんが、自社で提供しているサービスや商品がある場合には特に有効な戦略になります。

例えば、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、Webマガジンなど、各種メディア、その他イベントなどに出演して、あなたのWebサイトやサービス、商品の知名度を上げます。そのうえで、出演したことをサイト上でアピールすることで、ユーザーから見た時に公共性を感じられるため、権威性が高まります。

似た戦略として、自社サイトに関連のある団体に入会したり、資格を取得してWebサイト上でアピールしていくのも効果的です。

ここまで来るとSEO施策というよりは、ビジネス全体を通してブランディングしていくという考え方に近いです。分かりやすい指標としては、自社サイトやサービスが検索エンジンで指名検索されるか、より多くされるようになれば権威性も上がっている可能性が高いです。

コンテンツやデザインだけでは勝てない時代になった。

今から10年前の2009年などは、アフィリエイトをやっている人もまだまだ少なく、デザインなど適当でも文字数や被リンクが多ければ成約がバンバン取れる時代がありました。

そこから、コンテンツ重視の時代が来て、デザインや機能性も重視されるようになり、ここまでくるとサイトを作り込むという視点ではみな横並び、限界に近付いているように思います。

もちろん、まだまだ狙い目の検索キーワードが残されていることも間違いないですが、残り少なくなった穴場キーワードを狙うのと、ビジネス全体を通してサイトをブランディングしていくのでは、今後の成果に大きな開きが生まれるでしょう。

これから成果を出すために重要な考え方として、人との繋がりを強化することでの差別化であったり、SEOやネットを超えたパブリックな場での活動が勝機を見出していくのではないかと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

     

この記事を書いた人